食べ合わせ

科学的によい食べ合わせ
食の世界で注目される効果的な食べ合わせ。
その背景にも科学の裏付けがある!

トマト×アボガド

トマトは活性酸素やがんリスクを減らす「リコピン」を多く含む食材。
このリコピンのほか、ビタミンA、D、Eも脂質と一緒だと吸収されやすいため、トマトにはアボガド、オリーブオイル、オリーブ、ナッツ類など、脂質を多く含む食品を組み合わせよう。

食べ合わせ

鶏肉×ブロッコリー

「スルフォラファン」という優れた抗がん物質があることで知られるブロッコリー。
だが、英国の食品リサーチ機関の調査では、鶏肉と一緒に摂ると、単独で摂るときより抗がん効果が13倍も高いのだとか。
好相性の鶏肉と合わせて食したい。

オートミール×オレンジジュース

心臓発作のリスクを減らしたいなら、朝食はこのコンビで。
米国農務省の研究によると、ビタミンCが豊富なオレンジジュースをオートミールと一緒に食べると、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が安定し、個々に食べるよりも心臓発作のリスクが2倍減るという。

科学的に悪い食べ合わせ
反対に毒物を生む、栄養素を損なう食べ合わせもある

サンマ×漬物

秋刀魚を焼くとできる「ジメチルアミン」と、漬物の発酵過程でできる「亜硝酸塩」が反応し、発ガン物質・ニトロソアミンが生成される。
ただし、焼き魚×漬物は昔から日本人の定食だが、がんが増えたのは近年のこと。
このせいだけで含意なる確率は低いだろう。

ニンジン×大根

ニンジンには、ビタミンCを破壊する「アスコルビナーゼ」という酵素が含まれている為、一緒に食べると大根の豊富なビタミンCを破壊してしまう。
ただし、アスコルビナーゼは熱や酸に弱いため、加熱するか、酢やレモン汁など混ぜるレシピを採用すれば大丈夫。

ビール×フライドポテト

アルコールが肝臓で分解される際には、脂肪の増加を促す酵素が発生する。
そのためビールに限らずアルコール類全般を飲むときに、高脂肪のフライドポテトや唐揚げなどを食べると脂肪の吸収が加速される。
メタボが気になる方は気をつけよう。


食べ合わせをよく考えて健康で長生きしたいものですが、長生きしても何か没頭する趣味があると楽しいですよね。
最近、高齢者の間でひそかなブームがサックスだそうです。
でもサックスというと、独学では習得できませんから、よいサックス教本が必要です。
今、人気のサックス教本があるのですが、人気いのようです。