健康を維持するために実践していること

私は健康を維持するために、運動を定期的に行っています。

特に筋トレを週に6回行っており、ジムでトレーニングを行っています。

筋トレを始めたきっかけは、大学入学当時に非常に太っており、健康診断でも食生活を注意されたことから、何か運動をしないといけないと考えていたためです。

その際、食事制限をそこまですることなく痩せることのできる方法を調べていたところ、インターネットで、筋肉をつけることで脂肪を燃焼しやすくなり、代謝がよくなるとの情報を得たため、大学のジムでトレーニングをすることを決意しました。

私がトレーニングで意識していることは、とにかく大きい筋肉を鍛えるということです。

大きい筋肉とはすなわち、大腿四頭筋、広背筋、大胸筋です。

これらは体の筋肉の大半を占めるので、これらを鍛えることで体質が大きく改善します。

私は1週間に1回はこれらの部位を鍛えることにしていました。

具体的には、スクワット、レッグプレス、ベンチプレス、チェストプレス、ラットプルダウン、デッドリフト等です。

また、こうした筋トレ以外にも、有酸素運動も行っていました。

筋トレに有酸素運動を組み合わせることで、脂肪の燃焼をより効率的に促すことができます。

流れとしては、筋トレを1時間から1時間半行った後に、30分程有酸素運動を行っています。

こうすることで、脂肪が燃焼されやすくなります。

運動の他に私が行っていることとして、食事・サプリメントからの栄養摂取も意識しています。

食事に関しては、タンパク質の摂取を多めにするようにしています。

タンパク質は筋肉のもとになるもので、疲労を回復する効果もありますので、とにかく多めにとるようにしています。

食事から摂取することも可能ですが、それ以外にもプロテインを摂取しています。

プロテインはカロリーも低く、必要な栄養素だけを摂取できますので、増量期でも減量期でもいつでも役に立つサプリメントです。

タンパク質量については、1日に体重×2g摂取するようにしています。

その他に意識しているのは、タンパク質以外の3大栄養素である糖質・脂質です。

糖質(炭水化物)については、注意する必要がありますが、決して0にすることはしません。

炭水化物を摂取するとふらふらしたり、集中力がなくなりますので、必ず摂取します。

炭水化物でも、食物によって違いがあります、私は吸収がゆっくりな炭水化物、具体的にはオートミールや蕎麦を食べるようにしています。

また、油についてはオリーブオイルやごま油を使用しています。